MENU

富山グラウジーズ

TOYAMA GROUSES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>10月1日(日)試合中の行為に関してのお詫び

10月1日(日)試合中の行為に関してのお詫び

このたび、B.LEAGUEより、富山グラウジーズ ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチに対し、「戒告」があったことをご報告いたします。

10月1日(日)のレバンガ北海道戦の試合、3Q残り3分52秒頃、ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチが、アウトオブバウンズのボールをキャッチした後ゴール方向に放ち、試合進行を遅らせた行為がございました。

ミオドラグ・ライコビッチ ヘッドコーチは、行為直後に審判に謝罪し、また、B.LEAGUEにも正式に深く謝罪をいたしております。

日頃より支えていただいております皆様に、ご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
今後とも、富山グラウジーズへのご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。

株式会社 富山グラウジーズ
代表取締役社長
黒田 祐